レベル 1‐1

周産期

ガスケアプローチの基礎概念と分娩体位

妊娠・分娩・産褥各期のペリネの保護

Les fondamentaux de  Gasquet et position d'accouchement

対象:医師・助産師

事前の受講要件:なし

研修時間: 計 21時間

時間割: 1日目 9h30-17h30 / 2日目・3日目: 9h-17h

教授法:ヨガマット上でのエクササイズの実践と理論の教授

定員:オンライン研修会(12名まで) / 対面式研修会(15名まで)

※研修会遂行のための最低人数(5名)定員に満たない場合は開催中止となります

​受講料: 840ユーロ(為替レートに合わせて円価格が変動します)

 

     研修タイトル「ガスケアプローチの基礎概念と分娩体位」

   本研修会では、様々な分野でガスケ・メソッドを活用していくうえで必要不可欠な、姿勢と

   呼吸からのガスケアプローチの基礎と基本原則を学びます。その上で、周産期での産科力学

   およびペリネの外傷性障害の予防についての新しい見方を提案し、妊娠、分娩、産褥各時期  

   でのガスケアプローチの適用方法を具体的に学びます。

    研修目的

☐ ガスケ・メソッドの基礎概念

・ガスケ・メソッドの原則にのとった姿勢、呼吸、動作の基礎を学ぶ:

   様々な姿勢で背骨を最大限に伸ばすこと(オートグランディスモンの原則)

   呼気のスターターとしてペリネを同化すること、

   過剰な腹圧をかけない身体操作の訓練

・姿勢や呼吸についての一般的な誤りを分析し、背骨や腹筋帯やペリネに対する機械的影響を

 理解する

・腹筋群のゲナージュについての基本を学ぶ

☐ 分娩体位と妊娠・産褥期

・姿勢と呼吸の技術を使って分娩の生理を理解し、母児に備わった分娩の推進力を改善する

・分娩時の痛みを緩和する手段

・パートナーによる身体的サポート

・妊娠、分娩、産後の各時期でのペリネのダメージを予防する

・産褥期早期の身体的ケア

IMG_20200914_083900.jpg

対象:医師・助産師

事前の受講要件:なし

研修時間: 計 21時間

教授法:マット上でのエクササイズの実践と理論の教授

定員:オンライン研修会(12名まで)

   対面式研修会(15名まで)

     ※最低遂行人数(5名)定員に満たない場合は開催中止

​受講料: 840ユーロ

    (為替レートに合わせて円価格が変動します)

pexels-karolina-grabowska-4207892.jpg

研修目的

☐ ガスケ・メソッドの基礎概念

・ガスケ・メソッドの原則にのとった姿勢、呼吸、動作の基礎を学ぶ:

   様々な姿勢で背骨を最大限に伸ばすこと

       (オートグランディスモンの原則)

   呼気のスターターとしてペリネを同化すること

   過剰な腹圧をかけない身体操作の訓練

・姿勢や呼吸についての一般的な誤りを分析し、背骨や腹筋帯やペリネ

 に対する機械的影響を理解する

・腹筋群のゲナージュについての基本を学ぶ

☐ 分娩体位と妊娠・産褥期

・姿勢と呼吸の技術を使って分娩の生理を理解し、母児に備わった分娩の推進力を改善する

・分娩時の痛みを緩和する手段

・パートナーによる身体的サポート

・妊娠、分娩、産後の各時期でのペリネのダメージを予防する

・産褥期早期の身体的ケア

    プログラム

ガスケ・メソッドの基礎

 基本姿勢:座位、四つんばい、臥位、蹲踞位、立位

 呼吸による姿勢のチェックとペリネの活用

 不適切な骨盤の傾け方とその影響

 背骨を引き伸ばしペリネを活用することによる姿勢の整え方  

 姿勢を安定させるための補助具の活用

 直角のルール:背骨を保護するための骨盤の前傾、後傾の適用法

 活力を与える姿勢:ペリネと仙骨の後屈

 呼吸:習慣化した誤った呼吸と姿勢や形態学的特徴の影響

 腹筋群:圧力を囲う腹腔の構造:機能解剖学、拮抗作用

 息を止めずに行うダイナミックなゲナージュの原則

 ペリネ(骨盤底筋):機能解剖学と解剖図(ペリネの動きを感じ取る、姿勢と横隔膜)

 うわべだけの胸郭呼吸(FIT)

 ペリネの主な機能と機能不全

 姿勢と呼吸からのグローバルなアプローチ

 機械的な作用と諸機能への影響:循環、消化、筋緊張、リラクゼーション、代謝など

分娩体位と妊娠・産褥期

妊娠期:

・ 母体の快適さを助長できる姿勢と呼吸を模索する訓練

・ 妊婦健診や出産準備などへのガスケアプローチの適用

分娩期:

・ 生理的分娩を助長する姿勢の整え方

  (ド・ガスケ式® 婦人科体位、側臥位、四つんばい、蹲踞位、ぶら下がる)

・ 分娩の各段階における分娩のバイオメカニクスや推進力の最適化

  (子宮口開大期、骨盤内進入期、、骨盤内下降期、胎児娩出期、胎盤娩出期)

・ 異常分娩時の姿勢と呼吸からのアプローチ

  (回旋異常、骨盤内進入異常、肩甲難産、胎盤剥離不全など)

・ ペリネ(骨盤底筋)や靱帯系にダメージを与えない努責法

※以下の内容は主として次の「分娩体位の復習と産褥早期ケアの実践」研修会で指導。

産褥期:

・ 分娩直後から産褥期早期にかけて実施すべきケアについて

   (骨盤帯、浮腫や痔核に対するドレナージュ、臓器脱の予防など)

ペリネ:

・ ペリネの外傷性障害の予防と回復に向けた基本的教育

  (便秘、日常生活での姿勢の教育、リハビリテーションのための基本)

     対象:医師・助産師

     事前の受講要件:なし

     研修時間: 計 21時間

     時間割: 1日目 9h30-17h30 / 2日目・3日目: 9h-17h

​     教授法:ヨガマット上でのエクササイズの実践と理論の教授

     定員:オンライン研修会(12名まで) / 対面式研修会(15名まで)

     ※研修会遂行のための最低人数(5名)定員に満たない場合は開催中止となります

​     受講料: 840ユーロ(為替レートに合わせて円価格が変動します)

     ※受講料に含まれるサービス

     (オンライン上での講演会やエクササイズ体験会、会員同士の交流会などを

      無料または会員割引価格でご利用いただけます)

主催者番号:11 75 33 185 75

主催者名:APOR B DE GASQUET

INSCRIPTIONS: www.degasquetjapan.com

98 bd Montparnasse 75014 Paris 01.43.20.21.20