top of page
Msize_Bernadette de Gasquet Institut © Astrid di Crollalanza-154_edited.jpg

​ド・ガスケ研究所

DE GASQUET INSTITUT

日本セクション

近日実施の研修会・イベント

・基礎2「生理的分娩のための分娩体位と産褥早期ケア」

    :2023年1月21日(土)・22日(日)

・基礎1「ガスケアプローチの基礎概念」2月17日から4回

・基礎2「破壊行為のない腹筋運動」3月25日(土)26日(日)

・eラーニング「ペリネのABC」3月20日開講(初心者可)

​・イベント:「ガスケ・メイト情報交換会」1月25日

    

フランスで40年の実績

姿勢と呼吸からのガスケアプローチ

ペリネケアのパイオニア

ペリネ(骨盤底筋)や背骨の保護

Home
Methode de Gasquet

Qu'est que la méthode de Gasquet?

ガスケ・メソッドとは?

「タイトル」をクリックすると詳しい説明を読むことができます。

自らの出産を通して生理的分娩を追求しようと医学の道を志し、47歳で医師になったド・ガスケ医師。ペリネケア(骨盤底筋)のパイオニアとして、身体感覚を通して身体内部の現象を分析し理解するというユニークな教授法を貫いてきました。

ガスケ・メソッドとは人体の生理的機能とバイオメカニクスを尊重した姿勢と呼吸からのアプローチであり、ペリネ(骨盤底筋)や腰部や背骨を保護する安全で効果的な方法として周産期やスポーツをはじめさまざまな分野で活用されています。

周産期分野でのペリネのパイオニアとして、ド・ガスケ医師はペリネを保護するための分娩体位や努責法の提案、腹圧をかけず臓器脱を予防するためのエクササイズや産褥期早期ケアなど女性の健康を守るための教育と啓蒙活動を続けてきました。

妊娠すると子宮の発達に合わせて腹直筋は離開しますが、生理的範囲を逸脱しないよう妊娠中からの予防や産褥期からのリハビリテーションが重要です。男性の腹直筋離開も含め、この問題に特化したケアを提供できる専門家の育成を目指します。

メソッド 1

分娩時に会陰裂傷がなければf腹圧性尿失禁や臓器脱と無関係でいられるかと言うとそうではありません。最も大切なのは下方に向かう圧力を生じさせないこと。その鍵となる正しい姿勢や腹圧をかけない身体操作のためのエクササイズを学びます

ガスケ・メソッドの特徴のひとつは、バイオメカニクスを尊重した的確な指示のもとに、安全且つ効果的にエクササイズを実施できること。スポーツ外傷を予防しつつ競技能力を向上させる方法としてトップアスリートも訓練に取り入れています。

「ヨガだから何をしても安全だ」などと考えてはいけません。ヨガでのポーズや呼吸は、それだけで関節や背骨を傷めるにあまりあるほど強力です。ガスケ・メソッドでは、個々の身体的特徴や限界を考慮に入れたダメージのないヨガを追求します。

胴体を二つに折って行う腹筋運動は腰痛や臓器脱、鼠径ヘルニアや椎間板ヘルニアなど身体に有害な作用を及ぼします。ガスケ・メソッドでは背骨を最大限に伸ばし、ペリネを姿勢と呼吸の起動装置として活用した安全なトレーニング法を学びます。

メソッド 2

Nos services
Apprendre - Pratiquer - Follow up

学ぶ・活かす・サポート

「タイトル」をクリックすると詳しい説明を読むことができます。

Services

選ぶ

ガスケ・メソッドを学びたいと思ったらまずはご自身の興味や職業から受講したい研修会を検索してください。日本人向けに4分野の研修コースを開催します。

学ぶ

専門分野ごとに研修コースを設け、各コースで基礎1/ 基礎2/応用1と段階を踏んで学びを深め、コース修了者に対しガスケ・メソッド指導資格が認定されます。

深める

研修会ではまずガスケ・メソッドの基本を受講者全員に学んでいただき、それを土台に、各分野毎に必要な基礎知識と応用技術を段階的に積み上げていきます。

活かす

分野毎の研修コースを修了しガスケ・メソッド指導資格を認定された方には、当サイトの資格認定者検索ページに職業と連絡先を掲載して頂くことができます。

支える

ド・ガスケ研究所・日本セクションでは受講修了者同士が交流したり互いの技術を高め合ったりできるよう仲間づくりのための各種イベントを企画します。

Contacts us

Les témoignages

受講者の感想

​ガスケアプローチ応用1研修会

「ペリネのリハビリテーションとガスケ・メソッド(P210)」2022年10月受講生

PTは直接患者に触れて操作するのが常なので、視診と言葉のやりとりのみで相手を変えていく手法(オンラインのため)は非常に貴重な経験となりました。実技でカトリーヌ先生が指導された言葉の一つ一つが、臨床で大変役に立っています。諦めていた身体を自分で変えることができると気づいた時、患者さんは本当に嬉しそうな表情をされます。そのためにもっと自分自身の身体の変化を感じ取れるようになって、これから先もPTができる身体に変えていきたいと思います。

オンライン・理学療法士

IMG_20200113_134605.jpg

Bienvenu
au  studio De GASQUET Institut

連絡先

De Gasquet Institut (Section Japan)

98 Boulevard du Montparnasse

75014 Paris, FRANCE

Email : contact@degasquetjapan.com

Contacte us

送信ありがとうございました

bottom of page