top of page

中西産婦人科医のパリ訪問記

パリ・モンパルナスにあるド・ガスケ研究所のヨガスタジオには、いろいろな方がガスケ先生に会いに来られます。ゴールデンウィークを利用して渡仏された中西貴子先生ご夫妻もその一人です。九州でテレサ福岡天神ウィメンズクリニックを開業され、ガスケアプローチの周産期アドバイザー資格を取得し、日々の診療に活かすにはどうすればよいのか思案されているそうです。そんな中西先生が次のようなパリ訪問の感想と写真をお寄せ下さいました。


『 2024年5月6日、パリのド・ガスケ研究所を訪問させていただきました。

スタジオからは日当たりの良い中庭が見えて、静かでリラックスできる環境でした。

まずはシャラン山内由紀先生の日本人向けクラスに参加させていただきました。

事務長(ご主人)はガスケ・メソッドの姿勢と呼吸からのアプローチを初めて直接教わって、大変感銘を受けていました。続いてベルナデット・ド・ガスケ先生とお話する時間をいただきました。フランスでの産後腟ケアについてお聞きしたり、子宮脱で使用するキューブペッサリーを見せていただいたりしました。ガスケ先生の妊婦さん向けクラスにも参加させていただきました。フランス人の妊婦さん達12人と一緒に、ハッピーピローを使いながら心地よい感覚を体感しました。ガスケ先生は、オリンピックの金メダリストの柔道家など、アスリートへも指導されていることをお聞きしました。また帰り際にはヨガクラスに参加された90代の男性をお見かけして、ガスケメソッドが、世代を問わず幅広く活用されていることが伝わってきました。今回の訪問をきっかけに、ガスケメソッドをもっと日常に取り入れていきたいと思いました。』


地域に根づいたクリニックを中心に、ガスケアプローチの輪が広がっていくことを願ってやみません。ド・ガスケ研究所を訪問いただきありがとうございました!!


閲覧数:82回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page