Progammes des formations 

研修プログラム一覧

各コースの「丸枠ボタン」をクリックすると研修プログラムをさらに詳しく見ることができます。

※便宜上、本ページには略したタイトルを表示しています。研修内容と共に正式なタイトルが記載されています。

​周産期

​周産期ペリネ教育

​腹筋運動

ペリネ

   周産期:基礎1

姿勢と呼吸からアプローチをするガスケ・メソッドの基礎概念を学び、分娩体位や努責の仕方が分娩にどのように影響するのかを理解し、生理的分娩を実現するための具体的な介入技術を習得します。

   基礎1

姿勢と呼吸を整えることで重力や腹圧の悪影響から脊椎やペリネ(骨盤底筋)を保護することのできるガスケアプローチの基礎概念と基本原則について、身体感覚を通して分析的に学びを深めます。

   基礎1

姿勢と呼吸を整えることで重力や腹圧の悪影響から脊椎やペリネ(骨盤底筋)を保護することのできるガスケアプローチの基礎概念と基本原則について、身体感覚を通して分析的に学びを深めます。

   基礎1

姿勢と呼吸を整えることで重力や腹圧の悪影響から脊椎やペリネ(骨盤底筋)を保護することのできるガスケアプローチの基礎概念と基本原則について、身体感覚を通して分析的に学びを深めます。

   基礎2

基礎1で学んだ生理的分娩を実現するための分娩体位について臨床経験と照らし合わせて考察し、さらにペリネ(骨盤底筋)を保護し産後の身体復古を促す産褥期早期の具体的なケアを学びます。

   基礎2

女性のペリネ(骨盤底筋)を保護するケアを実践するためにペリネの機能解剖的な知識だけでなく、姿勢や呼吸との関係についてマット上で様々な姿勢を取りながら身体感覚を通して学びます。

   基礎2

腹筋群の機能解剖学について最新の知見から腹筋運動で生じる過剰な腹圧の害について理解を深め、ガスケ・メソッドを活用して脊椎やペリネを保護しながら実践できる腹筋運動の基礎を学びます。

   基礎2

女性のペリネ(骨盤底筋)を保護するケアを実践するためにペリネの機能解剖的な知識だけでなく、姿勢や呼吸との関係についてマット上で様々な姿勢を取りながら身体感覚を通して学びます。

   応用1

腹圧をかけずペリネを保護することのできる身体操作を身につけるのに有効なヨガをベースとしたガスケ・メソッドのエクササイズ。研修会では、実技を通して指導のノウハウを学んでいきます。

   応用1

腹圧をかけずペリネを保護することのできる身体操作を身につけるのに有効なヨガをベースとしたガスケ・メソッドのエクササイズ。研修会では、実技を通して指導のノウハウを学んでいきます。

   応用1

基礎2で学んだガスケ・メソッドに基づく腹筋運動を復習し、さらにマット上で様々な腹筋運動の実技を行い、安全で多様性に富んだリハビリテーションやトレーニングを組み立てる能力を養います。

   応用1

フランスで行われているペリネのリハビリテーションを概観した上で、ガスケ・メソッドを活用したグローバルなリハビリテーションの考え方や方法について身体感覚や映像資料を通して学びます。