Progammes des formations 

研修プログラム一覧

各分野の丸枠ボタンをクリックすると「研修プログラム」を詳しくご覧いただけます。

​周産期

周産期の診療にあたる医師、分娩介助を中心に妊産褥婦ケアに従事する助産師を対象に、母児を保護する生理的分娩の実現を目的に、ガスケアプローチの基礎をはじめ、人体のバイオメカニクスを尊重した分娩体位やペリネにダメージを与えない努責法、ペリネの保護を目的とした妊産褥婦の教育などについて学びます。

​周産期ペリネ教育

周産期のうち特に妊娠・産褥期でのペリネの保護を実現するため、ガスケアプローチの基礎ならびにペリネに関する基礎知識、ヨガをベースとしたエクササイズを段階的に学び、この時期に特有なマイナートラブルの軽減、分娩や育児に向けた身体作りなど具体的ケアや指導技術の習得を目指します。

​腹筋運動

腹圧をかけない腹筋運動の実現を目標に、ガスケアプローチの基礎と破壊行為のない腹筋運動を基本から応用まで段階的に学び、過剰な腹圧が原因で起こる腹圧性尿失禁、臓器脱、脊椎椎間板ヘルニア、腰痛などのダメージから身体を保護しパフォーマンスを向上できる指導技術を身につけます。

ペリネ

腹圧性尿失禁や臓器脱、性交時痛、恥骨痛、尾骨痛など女性のペリネに関わる諸問題に対処するため、ガスケアプローチの基礎、ペリネに関する基礎知識、姿勢と呼吸からのアプローチによるペリネのリハビリテーションや骨盤模型を使った膣内診説明などペリネに特化した専門的知識や指導技術の習得を目指します。